聴こえないわたし 聴こえるわたし ~ことば&暮らし~

それぞれの「ことば」を「知ること」からはじめよう
by machi-life
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2009年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第2回 (2009.2.27) キューサインってなんだろう?

    「聴こえないわたし」と「聴こえるわたし」がブログをはじめた理由

    ① 聴こえる人から見た「暮らし」、聴こえない人から見た「暮らし」とは何かを知る。
    ② ふたつの「暮らし」の違いや共通点を発見し、相互理解に扶助する。
    ③ 改めて「暮らし」について考えることで、わたしたちが毎日をシンプルにかつ豊かに
      送るための手法を探る。


"聴こえないわたし”-Chie

東京ディズニーランドオープンの年に誕生。手話講師
趣味は、写真、読書、映画鑑賞、ゴルフ

"聴こえるわたし”-Mau

“Imagine”が発表された年に誕生。英会話・スペイン語会話講師
旅、自転車、食べることが好き

☆  ♪  ☆  ♪  ☆  ♪  ☆  ♪  ☆  ♪  ☆  ♪  ☆


Mau: ちえさんは、ろうの幼稚園に通われたということですが、小学校に上がるときに一般の小学校に入るか、ろうの小学校に入るかという選択肢はあったのですか?

Chie: 同級生の中にはそういう選択肢がありましたが、私の場合は重度の聴覚障害であることからそのまま聾学校の小学部(聾学校では、幼稚部、小学部、中学部、高等部という言い方)に上がると最初から(両親は)決めていたそうです。

同級生の中には、「社会の摩擦に慣れるために小さいときから地域の小学校に入った方が良い」という選択をした方、私と同じように「もう少し自分に自信が持てるよう育てていきたい」という親御さんの希望でそのまま上がる人もいました。。


Mau: 幼稚部~高等部まであるろう学校というのは、私が聞いたことがないだけかもしれませんが、普通にあるものなのでしょうか?

Chie: ろう学校によっては、幼稚部だけの学校もあれば中学部、高等部のみの学校、専攻科がある学校もあります。私が通っていた聾学校は、幼稚部から高等部までありました。

また、一つの県にろう学校が1~2校のみの場所もあります(例えば沖縄は、1校。新潟は2校あります)。


Mau: 近くに通えるろう学校の無いこどもたちは大変ですね。

Chie: 寄宿舎に入って通う子どもたちもいます。私の学校では、寄宿舎がろう学校の隣にあり、歩いて1分もかかりませんでした。週末に実家に帰って月曜日に寄宿舎へ戻るという生活で、私の友人も、早くて幼稚部時代から親元を離れて高等部まで寄宿舎で生活していました。

Mau: ええ!幼稚部からということは4歳~5歳から親元を離れていたということですか・・・。

Chie: そうですね。共働きの親御さんにとってどうしても育てられないとか事情はあったかと思います。または育て方が分からなかったというのもあるかもしれないですね。

Mau: 確かにそうですよね。いろいろな事情があると思います。

Chie: 寄宿舎生活によって集団行動に慣れてきた友人もいれば、寄宿舎生活は集団での規制を強いられるから途中で抜け出した人もいます。中には、煙草を吸ったことで謹慎を受けて寄宿舎で反省文を書いた友人もいました。

Mau: いろんなお友達がいたんですね~。
ちえさんは通学されていたのですね。小学校の時はどんなこどもでしたか?

Chie: 家族でろう学校に通いやすい場所に引っ越したので、毎日歩いて通っていました。小学校のときは、兄の影響でボーイッシュでしたが大人しかったです。

Mau: そ~ですか~(疑いの眼差し↑→)。

Chie:自分に自身がない一方、家の中では兄の影響でテレビゲームやスポーツをしていました。当時の写真を見たら「え?」と思うくらい、全然かわいくありません(笑)

Mau: ぷっ!!今度ぜひ見せてください。ブログに載せてもいいですか?(笑)

Chie: いえいえ、だめです(笑)お気に入りの写真といいますか、自分が写っている写真で満足できるようになったのは大学時代からです。それまでの写真は微妙ですね(笑)

Mau: それでは満足いくものを、今度お互いに載せましょうか。加工もかなりしたりして。

話を戻しますが、日本のろう学校では手話を積極的に教えないと聞きましたが、ちえさんの行かれた学校では、どのように勉強を教えていましたか?

Chie: 小学部時代はほとんど口話(こうわ)中心の授業でした。先生は口をゆっくりあけて話したり、キューサインを使いながら口を分かりやすくあけて話していました。

そのとき、手話があることは少しだけ知っていました。同級生の中に親がろう者という家族(デフファミリー)がいて手話での会話を見たくらいで、自分はまだ使っていませんでした。。


Mau: キューサインというのは、手話で言うところの指文字のようなものでしょうか?

Chie: それに近いですが、50音ずつ分けたサインではないですね。あ行、か行、さ行・・・それぞれに一つのサインが決められています。例えば、監督が野球でサインを出しますよね。このサインがどういう意味を示しているか、判断ができるのと同じように、「そ」だったら【「さ行」のサイン+口の形「お」】で「そ」と判断します。
このように、キューサインを使った方法をキュードスピーチと呼びますが、ろう学校によってサインが異なるため、成人の間ではほとんど使わなくなります。


参考URL:
(1)月間「記録」過去記事

(2)キュードスピーチと口形文字
 

Mau: 初めて聞きました。それを使って先生が話をしたことを見て勉強していたんですね。目が離せませんね!

Chie: キューサインができる先生が限られていましたが、とにかくずっと目を先生の方に向けて話を理解しようとしていました。簡単に言いますと、キューサインはやっている方も、読み取る方も大変な作業だと思います。

Mau: それでも手話よりもキューサインが好んで学校では使われるんですか?

Chie: キューサインは口話(口の形を見て読み取る)のための補助なので先生たちの間では覚えやすいことと、口話のためということで積極的に使われていました。しかし、手話となると、先生たちの間では不快な顔をする方もいました。手話をやると、口話の力が落ちるから辞めた方が良いという理由からですね。

Mau: 聴こえないちえさんたちにとって、読み取ることはまだしも、口の形を見て「音を出す」というのは果てしなく大変なことのように思えます。

Chie: 声を出すために、風船を触って音が響くまで発声したり、お菓子を使って舌の動きを一定に保てるようにしながらそれぞれの発音を出してみたり、うがいをしながら「か」が発声できるよう練習していました。先生や親が私たちの声を聞いてチェックしていました。苦手な子音は個人によって違いますが、私の場合はどうしても「は行」がうまく言えなくて、時々投げやりになりました(汗)。

Mau: 投げやりにもなりますよ!!

Chie: 「お昼」が「おいる」になって笑われたこともしょっちゅうですね。

Mau: 可愛らしいですけど(笑)。

Chie: そうですか(笑)でもそれが成人になってからだと、周囲からは変だなと思われますね。
それに自分がどんな声か、今でも分からないです。一生知ることはできないと思いますが、どうやら男性みたいな声だそうですね。


Mau: うーん、確かにそうですね。そして自分でも間違いが分からないからなぜ笑われるのか分からないこともありそうですね。男性のような声・・・ですか?うーん、そうかなあ。

Chie: 低音なのかも。

Mau: 男らしい声と言われたんですか??

Chie: 小さいときから言われていました。今でも言われますが、高等部時代までかなりコンプレックスでした。

Mau: ちえさんの声、私は好きですよ。あったかさと一生懸命に伝えようとしている気持ちを感じる声だと思います。
先ほどの口話訓練をして、どのくらいで授業ができるようになるんですか?口話をマスターしてから、本格的に授業が始まるわけでしょうか?それとも口話の練習をしつつも授業が平行して行われるのでしょうか。全く授業風景が想像できません・・・。

Chie: ありがとございます。口話の訓練は幼稚部時代から始めますが、小学部に上がってからも訓練と並行して授業が行われます、授業中に先生の話が理解できないことも何回かはありました。そのときは多少、聴力の良い同級生が通訳したり(それもキューサイン付き口話ですが)、先生が板書を増やして文字を通して分かるように授業を進めていました。

Mau: 教える方も、教わる方もみんなが分かり合おう!と学んでいる風景が浮かんできました。

Chie: 先生たちによっては、やる気がまったく見えない先生もいましたが、その先生は決まって人気がありませんでした。これはどこでも同じだと思いますが(笑)

Mau: その通りです!現在講師である私たちもそう見られているということですね。

つづく

☆  ♪  ☆  ♪  ☆  ♪  ☆  ♪  ☆  ♪  ☆  ♪  ☆


今回もより踏み込んだ内容で最後までお付き合いくださりありがとうございました。
次回の更新は、3月6日(金)を予定しています。
[PR]
by machi-life | 2009-02-27 03:29 | mau+chie life

第1回 (2009.2.21) はじめまして


          「聴こえないわたし」と「聴こえるわたし」がブログをはじめた理由

    ① 聴こえる人から見た「暮らし」、聴こえない人から見た「暮らし」とは何かを知る。
    ② ふたつの「暮らし」の違いや共通点を発見し、相互理解に扶助する。
    ③ 改めて「暮らし」について考えることで、わたしたちが毎日をシンプルにかつ豊かに
      送るための手法を探る。


"聴こえないわたし”-Chie

東京ディズニーランドオープンの年に誕生。手話講師
趣味は、写真、読書、映画鑑賞、ゴルフ

"聴こえるわたし”-Mau

“Imagine”が発表された年に誕生。英会話・スペイン語会話講師
旅、自転車、食べることが好き

☆  ♪  ☆  ♪  ☆  ♪  ☆  ♪  ☆  ♪  ☆  ♪  ☆

Mau:すみません、遅くなりました。

Chie: お疲れさまでした。こちらは先ほど、手話を使ったドラマを少し見ていました。ラブレターというタイトルで、平日の昼間に放送されているドラマです。

Mau: なるほど~ 見たこと無いのですが話題のドラマですね。面白いですか?

Chie: 普通の恋愛物語と変わらないので、単なる恋愛ものとして楽しめると言えば楽しめるかもしれないですね。

Mau: なかなか辛口ですね~。恋愛モノはお好みではないですか?

Chie: 辛口ですか~(笑)。恋愛もの、感動的なお話は好きですね。
このドラマを見て、周りでは手話を使う場面がおかしいとか、主人公の優柔不断に対する不満の話も出てきています(笑)。


Mau: なるほど・・・ちえさんご自身もドラマの手話はおかしいと思いますか?

Chie: 時々、日本語字幕のニュアンスと違うなぁと思う時はあります。

Mau: ちえさんが使っているテレビは、どの番組にも日本語字幕が付きますか?

Chie:このドラマの場合、音声なしの手話の場合は字幕がついています。
デジタルテレビの場合、新聞の番組表で「字」と書いてあるところには字幕がつくようになります。今までのアナログテレビの場合、「字幕」と書いてある番組を見るためには、テレビとは別に、専用の機器が必要でした。それに、「字幕」と書いていない番組には、専用の機器があっても字幕は出ないようになっています。
以前と比べたら字幕がつく番組は増えてきましたが、まだすべての番組につくとはいえない状態です。


Mau: ちえさんがこどもの時には字幕はありましたか?

Chie: 水戸黄門だけでした^^; 小学5年のときくらいでは、水戸黄門だけだった記憶があります。もしかしたら他の番組にも少しはあったかもしれないですが、ドラマには全然なかったので家族に通訳してもらっていました。

Mau: 家族のみなさんは手話ができるんですね。

Chie: いえいえ、手話はできないので、口話でゆっくり話してもらったりしていました。
通訳というよりは、今思うと、あれは要約でした。男女の会話シーンの場合、そのまま台詞を訳すのではなく、「彼は彼女の事が心配で、あれこれ言ってるんだけど、彼女は気付かないのよ」と要約して雰囲気を伝えてくれる感じです。


Mau: ちえさんは現在25歳ですね。

Chie: はい、今は25歳です。名古屋市出身です。

Mau: 生まれる前にちえさんが聴こえないということは、ご両親は分かるものなのですか?ダイレクトでごめんなさい!

Chie: いえいえ、今の医学は事前に分かるというような話を聞きましたが、私の場合、生まれて1年くらいで聞こえない事が分かったそうです。

Mau:どうして「聴こえていないようだ」・・・とご両親は思ったのでしょうか?

Chie:ある日にテレビを大音量にしたとき、私が少しも反応を示さないから異変に思って病院を回ったそうです。それまでに、両親はろう者という言葉も知らなかったし、聞こえない人が身近にいなかったので、さすがにショックを受けたそうです。

Mau: お兄さんは聴こえるんですよね。

Chie:そうです、2つ上の兄は洋楽大好きで語学が得意です。

Mau:両親、お兄さんも聴者でちえさんだけが聞こえないということは、ろうは遺伝とは言えないということですか?。聴こえないご両親から、聴こえる子供が生まれることもあるということですね。

Chie:ろう者だけの家族(Deaf family デフファミリー)もいますし、聴こえない両親から生まれる聴こえる子ども(Children of Deaf Adults:コーダ)もいます。実際、ろう者の9割は、両親が聴こえる人という話があります。医学的データがあるかどうか、そこまでは分からないですけど。

Mau: 聴こえないと分かってからは治療のようなものをされたんですか?

Chie: 補聴器をつけて訓練するようにという話はありました。
実際に補聴器を付けて音を確認したり、口を見て何を話されているかを読み取る訓練はしました。


Mau: 聴力があったのですね?補聴器はどのような人が付けると効果的なのでしょうか?

Chie: 聴力があったのかどうか分からないですけど、気がついたら補聴器があったという感じです。

Mau: そうですよね・・・・赤ちゃんですもんね!!うっかり!

Chie: 補聴器や人工内耳は残存聴力がある人には効果があるみたいですが、実際の効果については 「すべての人に効果が出る」とはいえないですね。

Mau: そうなんですか・・・「補聴器」を付ければ、少し遠いけれど聴くことができると思っている人が多いと思います。

Chie: 補聴器があれば少しは聞こえると思うんですね。でも、「聞こえる」のか「聴こえる」のかですよね。
音として聞こえていても、言葉として聴こえているかどうか・・・人の声が補聴器を通じて耳の中に音が入った場合、「聞こえる」。それが、例えば「おはよう!今日もがんばろう!」という言葉として「聴こえる」かどうか。


Mau: ちえさんの聴力は現在どれくらいですか?かすかには聴こえますか?

Chie: 全く聴こえないけど、補聴器を付けたらかすかに音が入るような感じです。私の場合は、言葉として判別することはできず、バイクや車の音と同じく、人の声も雑音として耳に入る感じです。
でもほとんど聴こえないし、補聴器をつけると頭痛が起きます(笑)


Mau: ひー!!

Chie: わけのわからない音が入り続けたら嫌になりますよね?

Mau: おっしゃるとおりです。

Chie: それと同じですね。

Mau: ちえさんが物心付いて、聴こえないことを「きちんと感じた」のはいつですか?

Chie: 小学1年の時だと思います。
私は最初からろう学校(幼稚部時代から)に入っていました。小学部に上がると、地域の小学校との交流が恒例になっていたので一ヶ月に1回のペースで地域の小学校に放り出されて(笑)。ろう学校との雰囲気も違うし、周りが一斉に私を見たこともあってなんだか違うな、と感じたのは覚えています。当時のろう学校の同級生は8人だけでしたので、一斉に30人のクラスの中に放り出されて泣いて過ごしていました(笑)


Mau: ええ~っ!

Chie: 泣き虫というあだ名がつくほどでした。

Mau: みんなで集まって何をするんですか?

Chie: 普段の学校生活と変わらず、みんなのペースについていきました。

Mau: 通常通りの授業も行われますか?

Chie: はい、授業では一番前の席に座らせてもらいましたが、さっぱり分かりませんでした。

Mau: 一日中ですか?!苦痛ですね。ろう学校の先生による手話通訳はなかったんですか?

Chie: ろう学校の先生としては、直接、自分自身の力で聴こえる人たちと交流をして欲しいという教育目的だったと思いますので、通訳しに行くということはありえませんでした。当時の私としては、正直、ろう学校に帰りたい気分でした。

Mau: 毎月1回の交流(授業)が、小学校卒業まで続いたんですか?

Chie:本当は卒業するまでに続ける行事なのですが、小学部6年になっても、泣き続ける私を見て親が心配して先生に何とか働きかけたのかもしれないですけど、取りやめになりました。周りの友人は地域の学校と交流できる事に喜びを感じていたようです。本音は分からないですが、ろう学校以外の場に行ける事や、聴こえる友達ができる事に喜びを覚えていたみたいです。

Mau: ちえさん自身はそこに楽しさを見出せなかったんですね。お友達を作るのは難しかったですか?

Chie:そうですね。当時は「何の為に交流するんだろう」と思っていたし、不安が大きかったです。周りが何を話しているかさっぱり分からなくて、分かったふりをした方が空気を壊さなくて済むんだなというように直感的に思っていました。だから楽しくないのも無理はないですね(笑)。

Mau: ・・・処世術を身に付ける場所になってしまいますね。

Chie: 同級生の中には積極的に交流していった人もいるので、交流自体はあっても良かったと思いますが、
聴こえる人たちとの付き合い方が分からなかっただけかもしれないですね。 


Mau: 今のちえさんからは想像ができないです。

Chie: でも、ろう学校から途中で聴こえる人たちの学校に入る(インテグレーション)人もいますし、 聴こえる人たちの学校から途中でろう学校に変わったり、そのままずっと聴こえない人たちに出会った事がないまま育っていく人もいるので、単に私自身が「聴こえる人たちと一緒にやっていく術を身につけられなかった」だけかもしれないです。後に、聴こえる人たちとの関わりが本当に楽しく感じる時があったので今の自分を見たら、当時の私は驚くと思います。

つづく

☆  ♪  ☆  ♪  ☆  ♪  ☆  ♪  ☆  ♪  ☆  ♪  ☆

初回は、「話したい」「お伝えしたい」ことが溢れてしまい、長文になってしまいました。長丁場お付き合いありがとうございました。

次回は、来週金曜日(2月27日)に更新をする予定です。



[PR]
by machi-life | 2009-02-21 18:30 | mau+chie life