聴こえないわたし 聴こえるわたし ~ことば&暮らし~

それぞれの「ことば」を「知ること」からはじめよう
by machi-life
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

第43回(2009.12.21) 『ありがとうの理由』

皆さんこんにちは!Mauです。

もうすぐ五歳になる姪を連れて、月に何度か遊びに出かけます。
私にとっては妹の子供。姪にとっては母親の姉。
ちょうど良い距離感です。

保育園で覚えてくる日本語は日々増えていきます。

ついこないだまで「かっぱ寿司」がうまく言えなくて、大人はみんな微笑みながら「かっちゃむし」に付き合っていました。ところが先日、その寿司屋の前を通りかかると、「あ!かっぱずし!」と叫んだので、「あれ?“かっちゃむし”じゃないの?」と茶々を入れてみました。彼女は看板を指差しながら、少し怒ったように「ほら、だって“かっぱ”って書いてあるでしょ。お姉ちゃん(彼女の母親に倣ってそう呼ぶ)ちゃんと見て!」と返されてしまいました。ああ...つまらないな〜。

時には誰もがあっと驚いたり、核心を突くような台詞を言って周りを驚かせます。
最初のうちは「もしかしてこの子は天才??」と身内びいきで判断をしていましたが、そのうちに、彼女が発する“新しい言葉たち”には、あまり深い意味はないことが分かってきました。
的が外れてとんちんかんなことを言うときに、周りの大人たちは大笑いします。彼女は笑われたことに不満を表明し、不機嫌な顔になって、どうして笑ったのかと詰問します。

どうやら今の時点では、ひたすら模倣をし、シチュエーションに合わせて、あたらしく覚えたフレーズを当てはめてみる(試している)状況のようです。ありとあらゆる場所での言葉の使い方を観察しているのでしょう。

ちょっと立場が悪くなったり、やりたくない状況になると、「まーちゃんはまだちいさいからできないの!」と言い返し、遊びが楽しくなってきてまだ帰りたくないときは、「ママはお勉強してるからまーちゃんはまだお姉ちゃんと一緒に遊ぶ!ちゃんといい子にしてるよ。」としっかり頭の中には作戦があったりもするのですが。

こんなこともありました。
ある日、私の友人と姪とで出かけた日の帰り道。
友人を家まで送り届けてさよならの時になって、「よし、Mちゃんにさようならとありがとうを言おうか」と、運転席から後ろの姪に振り返って言うと、どうしてそうしなければいけないのか全くわからないという顔をしています。

「なんでありがとうって言うの? まーちゃん、さっきお菓子をもらったときに言ったもん!」

「さっきのは、お菓子をありがとう。今度のは、一緒にいっぱい遊んでくれてありがとう。
まーちゃんがうれしかったな、楽しかったなと思ったときに、何回でもありがとうって言っていいんだよ。そうするとまーちゃんにありがとうって言われた人もうれしくなるんだよ。」

帰りの車の中、まだ少し不満そうな顔をして、しばらく彼女は黙っていました。
ところが突然、「ねえ、お姉ちゃん。さっきMちゃん、まーちゃんがありがとうって言ったからうれしそうだったね。」

「ありがとう」を言う理由が彼女なりに分かって、その顔はとたんに明るくなりました。

大人になると条件反射のように、お決まりの場所では自動的にその状況に応じた言葉が出てきます。

「こんにちは」「おつかれさまです」「ありがとう」「さようなら」。
そんなことあなた!いい大人なんだから当たり前でしょ!と言われてしまいそうですが、時に心が伴わずに、言葉だけが勝手にしゅるしゅると口先から出て来てしまうことがあります。

そんなとき、私たちを観察しているこどもたちにとっては「なぜここでその言葉が出てくるのか」、分からない状況だと思います。しゃべっている本人にも、理由などないのかもしれませんが。

でも自動的に出てくる言葉に自分自身をだまされたくないとも思うのです。
私がしゃべっている言葉に惑わされるというのもへんてこな話ですが、いつの間にか(あれ?なんで今まで実は考えたこともないこんなことを話しているのだろう?)ということはないですか?
私はありますよ。

(へー、私、こんなことを考えていたの!)と思わぬ言葉に純粋に驚かされることもあれば、(何様よ!)と後から思い出して恥ずかしくなったりもします。

「なぜ」この言葉が、このタイミング、そして態度で発せられるのだろうかと、背後で私を観察をしている小さな目と耳に気がつくと、私の中にいつもは隠れている大人センサーがピコピコ光りだします。

さらば「何となく」。

そんなことを、姪から教えられます。

にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ


e0172983_0463812.jpg


市場マジック。
ぴっかぴか笑顔の野菜やおばあちゃんたちに会うとついつい買いすぎちゃいます。
大事に育てられたものだから、大切にいただきたいと思います。
[PR]
by machi-life | 2009-12-21 23:59 | mau+chie life
<< 2010年おめでとうございます 第42回(2009.12.13... >>