聴こえないわたし 聴こえるわたし ~ことば&暮らし~

それぞれの「ことば」を「知ること」からはじめよう
by machi-life
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

第11回(2009.05.01)  "音ってなんだ?" 

「聴こえないわたし」と「聴こえるわたし」がブログをはじめた理由

    ① 聴こえる人から見た「暮らし」、聴こえない人から見た「暮らし」とは何かを知る。
    ② ふたつの「暮らし」の違いや共通点を発見し、相互理解に扶助する。
    ③ 改めて「暮らし」について考えることで、わたしたちが毎日をシンプルにかつ豊かに
      送るための手法を探る。


"聴こえないわたし”-Chie
東京ディズニーランドオープンの年に誕生。手話講師
趣味は、写真、読書、映画鑑賞、ゴルフ

"聴こえるわたし”-Mau
“Imagine”が発表された年に誕生。英会話・スペイン語会話講師
旅、自転車、食べることが好き 


♪  ☆  ♪  ☆  ♪  ☆  ♪  ☆  ♪  ☆  ♪  ☆

Chie: こんにちは、少し珈琲持ってきます。

Mau: こんにちは。よろしくお願いします。いま、Deaf Music♪ を聴いていましたよ。

Chie: おおっ!どういう音楽でしょうか?Deafといえば、「ろう者」ですが、ろう者の音楽でしょうか?

Mau: Evelyn Glennie さんというDeaf Percussionistです。
Evelyn Glennie HP http://www.evelyn.co.uk

Chie: 見れました、かっこいいですね!!高校時代の英語の教科書に載っていました。久しぶりに思い出しました〜。
イギリスのトップレベルの音楽学校に入学されましたよね?


Mau: !!教科書に載るぐらい有名な女性なのですね!!
海外サイトで、最も有名なDeaf musicianとして紹介されていました。グラミー賞を2回受賞されているとあります。HPの写真で使用している写真を見ると、音がすごく反響しそうな場所と楽器で演奏を行っていますね。コンサートに行ってみたいな~。

Chie: 今度日本に来た時はコンサート見に行きたいですね。

高校時代に使った英語のテキストでたまたま、「Deaf」と書いてあって賢い女性だという印象を持ちました。英語の授業ではテキストを毎回声を出して読む練習をしていましたので そのせいか、嫌でもその人の名前を覚えられるようになりました。
今聴いている音楽はどんなものでしょうか?


Mau: 民族音楽のような、力強さに溢れたリズムです。

Chie: 大音響だけれどうるさいというのではなくて、たくましさを感じさせるようなイメージでしょうか。

Mau: ちえさんの机が叩けるものであれば、タン タ タカタカ タン タ タカタカと両手を使ってリズムをとってみてください。少し早めな感じです。リズムはそんな感じ。大音響というわけではありませんが、打つ手にきちんと力がかかっていて、それが力強さを出しています。

Chie: 少し早めのテンポで叩いてみると、なるほど、イメージできました。太鼓を叩くのと似ているようなリズムだと思いましたが、太鼓のような力強さになっていますか?

Mau: そんな感じです♪

Chie: ありがとうございます。
いい音楽ですね、音楽はテレビを見るとき、お菓子を食べるときと同じような感覚で使いますか?


Mau: そうですね。ちょっと小腹が空いたからお菓子を食べようかって感じで音楽を聴くこともありますね。
今までそんな風に考えたことはありませんでしたが、言われてみればそうかな。

私の場合は、すごく集中したいときに、隔離された音を必要とするようです。
静かな図書館へわざわざミュージックプレイヤーを持っていって、聴きながら勉強をすると作業がはかどります。
1日中居ても、2,3枚を繰り返しエンドレスで聴いている状態です。実は聴いているようで、聴いていない状況をわざと作っている変な状況です。

Chie: 隔離された音というのは、その場とは全然関係のない音を聴くことによって他の音をシャットアウトするということで隔離された音を流すということですか?音楽も一つの生活行動というか、一部ですね。兄も勉強をする時は洋楽を流していました。私がおしゃべりに入ると、「音楽が聴こえないぞ」と言っていました。

Mau: 歌詞(菓子!)を味わいながら、何かをしているときもありますが、特に集中したいときは、擬似的に音があるのに無い状態を作っているのかもしれません。変てこな言い方ですが。
恐らく日常的にも、「全く何も聞こえない」と思う状況であっても、実は何らかの音を無意識に認識しているということなのでしょうね。逆に、集中したいときは音楽がかかっているとだめ!という人もいますから面白いですね。
でも常に音のシャワーを浴び続けている私たちが「聞こえない=音の無い」状況になれるものなのか疑問に思えてきました。


Chie: 電車の中でアイポットを使いながら本や単語カードを使う人を見かけますが、あれも集中できる為のものなんですね。

音楽がかかっていると集中できない人もいるというのは、個人差があるのですね。私が聴こえていたら音楽は欠かせないかもしれないです。


Mau: 電車の中は考え事をする絶好の場ですね。

いろんな人の会話を小耳に挟みながら、移動するのも楽しいものですが、勉強をする人にとっては、ちょうどいい緊張感(不特定多数の人がいる)があるので、人によっては音楽で周りの音を遮断してしまえば心地よい集中空間になると思います。

Chie: おもしろいですね。音で音を遮断することによって空間を作ることは、レッスンのときにも人によりますが、音楽を取り入れてみるのもチャレンジですね。

Mau: 私の知り合いには、防音ヘッドフォンを付けて、全く何も聴こえない状態にして集中力を高める人もいますよ。

Chie: そのときだけ、ろう者に近い状態になるんですね。

Mau: そうなんです。ただやはり、その人の中に全く音の無い状態があるのかと考えたら疑問に思えてきました。いくつか同時に存在している音の存在を1つに近い状態、限りなく無い状態にしているのかも。

ちえさんの中に、ちえさんだけの音は流れていますか?

Chie: 私の中に、私だけの音が流れているかどうか・・・あまり考えたことがないですが、途中で聴こえにくくなった先輩から「私は私の中で音を作っている」と聞いたことがあります。

音は全く聴こえないですが、夜遅くに外へ出ると「ああ、静かだなぁ」と感じることはあります。一緒にいた人はびっくりして「聴こえないのに何で??」という状態でしたが、私にとっては、うるさかったり静かだったりするのは、視覚的に捉えた上で分かるという感じです。

ヘッドホンをつけている間にとっさに話しかけられてびっくりするとか、そういうことはないでしょうか?

私の場合は空想にふけて、いきなり肩をぽんぽんと叩かれたらびっくりします。


Mau: よくありますね。思わず変なこと口走ったりして。


Chie: おもしろいですね、音を楽しむ。だから「音楽」なのですね。


音が全く聞こえないということは、日常生活の中ではありますか?

寝ている時もかすかな音があるから、完全に聴こえない経験をすることはできない、と聞いたことがあります。

聴こえにくいことはあっても、「あれ?全く聴こえないなぁ」という感覚。



Mau: うーん。全く聞こえないということは、どうかなあ?
完全に聞こえないという状況を体験したことがあるのかも定かではありません。

今は「どこにでも音がある状態」なので、たまに何が今音を出しているのか分からなくなって混乱してしまうことがあります。

例えば、デパートに行けば、同じフロア内にいろんな店がありますね。
そのどれもが別々の音楽を流しています。音の鳴る雑貨や製品も多いので、どこかで電子音が鳴っています。
携帯の着信音は、機械的な音の人もいれば、歌のかかる人もいます。私のように「鳩時計が飛び出す時の音」が鳴る人もいます(大抵周りの人はどこに鳩時計があるのかとキョロキョロします)。友達と一緒であれば、その人とのおしゃべり、店内放送、他の人々のたてる音、子供の泣き声、誰かが何かを落とす音など、最近はあまりにも煩雑すぎて、ふ~っと深呼吸することもしばしばです。音を楽しむというよりも、強制的にさまざまな音を聞かされているような感覚になることも多いですよ。Chieさんとこのブログを始めてから、今までしっかりと認識してこなかった音を意識するようになりましたね。

Chie: なるほど、本当にいろいろな音が飛び交っているのですね〜。
聴いてみたいなぁ(笑)そういう状況の中で「うるさいなぁ」と感じたことはありますか?


Mau: よくありますね~。休日のデパートにはできるだけ寄り付きたくないですね(笑)

閉じられた空間の中に、不自然な音が閉じ込められているから余計に「うるさいなあ!」と感じるんでしょうね。

野外だと、うるさいぐらいがいいですね。

ちえさんと一緒にパーカッションを演奏してみたいなあ。

Chie: いいですね〜楽器叩きたいです。エレキギターも触ったことありますが、面白いですね。体中響いて楽しいです。デパートに音楽を流すのは、お店の宣伝の一つでしょうか?

Mau: ホームセンターに行くと、一日中同じ宣伝音楽が流れていますよ。

そこでバイトしている人はおかしくなっちゃうんじゃないかと思います(笑)。

Chie: 洗脳されちゃうんですか(笑)宣伝音楽というのは、「安いですよ〜」というような決まり文句の内容ですか?

Mau: ホームセンターやディスカウントストアに多いのですが、その店独自の「キャッチフレーズを含んだ歌」があって、それが一日中店内に流れています。その中で短時間買い物をしているだけでもぐったりしてしまうのに、そこで働いている人たちは麻痺しているのか、耳栓をしているのか・・・不明です。それだけ嫌だと思っていても、お風呂に入って身も心も油断しているとふと口から出るのがその歌(ガーン!)、私もすっかり戦略にはまっている証拠です。
外国人の友達は、もしこれが自分の働く環境で起こったら会社を訴えてやると真顔で言ってました。

Chie: 経営者はそんな音楽を流しても効果が薄いと分かっているのでしょうか?不思議ですね。

Mau: その辺りは、ちえさんラッキーですね!!

Chie: おおお、そうです(笑)

お店に入る時、何となくうるさいなぁとか、ここは静かだなぁと思う時はありますが、

やはりうるさいんですね〜


Mau: 感じましたか?

Chie: 感じます。もしかしたら、電気屋さんもうるさいでしょうか。

Mau: うるさいですよ~!!

Chie: 聴力に影響はないでしょうか?あるときに店員さんが、「あれ?難聴かも?」とか。聴力が気になります。

Mau: 確かに耳を酷使する職場であると思います。

Chie: 難聴者を増やす場かもしれないですね、そこへは手話を教えた方がよいかもしれません(笑)

Mau: それはグッドアイディア!さすがちえさん!


Chie: ありがとうございます(笑)


♪  ☆  ♪  ☆  ♪  ☆  ♪  ☆  ♪  ☆  ♪  ☆

音楽が流れるように今回もあっという間に時間が過ぎてしまいました、

続きは次週にて取り上げる予定です。

良い連休をお過ごしください♪♪
[PR]
by machi-life | 2009-05-01 09:56 | mau+chie life
<< 第12回(2009.05.08... 第10回(2009.04.24... >>